白髪は部分隠しの方法で目立たなくすることができます

白髪染めを行っていても、次に白髪染めをするまでの間、白髪が目立って困ることはあるものです。白髪染めもあまりにも頻繁に行うと髪の毛が傷んでしましますから、できれば目立つところだけを目立たなくして、白髪染めの間隔を空けるほうがいいです。

そんな時に部分白髪隠しがあります。一般的にドラッグストアーなどで売られているものは、マスカラのような感じで、細い容器に入っていて、棒の先にブラシが付いていて、まつげにマスカラを塗るように、白髪の部分に液をつけるようにするものです。

これは出かける前でも白髪に気づいたらすぐに対応できますし、とても手軽に白髪を隠すことができます。ただ、マスカラと同じで乾くと硬くなってしまいます。つまり、塗ったところがピカピカと光ってバリバリに固まってしまうのです。ですから白髪を隠すことができても、ブラシを通すことができなくなるのです。それでも手軽に白髪を隠すにはとても良い方法です。塗ったところを触っても色移りすることがないところも優れています。

そんなマスカラ状のものの他に、パウダータイプのものもあります。白髪用ファンデーションと言われるものですが、これは白髪を隠すだけでなく、透けて見える地肌にも色がつくので、髪の毛がふさふさになったような感じがします。パフで白髪の部分にファンデーションを塗るだけでいいのです。ただ、こちらはパウダーなので、手につくと手が黒くなってしまいます。でも、ブラシを通すことはできます。