なかなか難しい男性の若作り

歳をとると老けて見えるという事はなかなか通り抜けることがむずかしい問題です。確かに歳からみると若く見える人もいます。しかし、多くの男性は年相応もしくはそれ以上に見えてきます。その原因はなんでしょう。

宴会等で話に出るのは、髪の毛です。男性は薄くなるか、はげるか、白髪が出てくるという問題が発生してきます。白髪は染めるとわかりませんが、はげに至っては難しい問題です。進行を止める事は難しいです。

女性みたいに部分カツラを使うのも良いかもしれませんが、進行もいろいろで、びっくり早く剥げてくることもあります。部分的にも前から薄くなったり、頂上から薄くなったり、一気に全体的に来る人もいます。一年経ったらビックリ風貌の変わった人などもいます。ボウズが流行っているので、短く切ると少しは解決できますが、やはり老けたという風貌に見えてしまいます。

顔のたるみやしわも老けて見える原因です。お肉も体だけでなく顔にもついて老け顔に見えてくるとの事です。開き直って歳を取ったと言いまわればいいかもしれませんが、やっぱり若く見えた方がうれしいものです。そこで、自分の旦那様を若く見せるために昨今の奥様達は、旦那様に明るい色や若者の来ているような洋服を着せたり、持ち物も流行の物を持たせて陰ながら努力されている話を聞いたことがあります。やはり、歳をとると、暗い洋服を選んだり、落ち着いた色を選ぶように自然になってくるようで意識していないのに買ってしまうようです。

奥様としても隣を歩くのも嫌なので、どうにかしなければという考えになってきているようです。男としては自分では似合わないと思っていても、着てみると案外と顔色が明るくなったり、着た感じも良かったりで自分の考えている状況と異なる事が多いみたいです。これからの男性は歳を取ったなんて開き直って言ってられない環境になってきているのかもしれません。