ほんの少しトレンドを気にする意識を持つこと

カッコ良く見えるためには、まず一番に姿勢が良くないとダメですよね。
猫背だったり俯き加減だったりすると、それだけで草臥れた印象を与えてしまいます。
ベルトの上にポッコリお腹が乗っかっているなんていうのは、何も身に纏っても似合わない状態になりますので、ウエスト位置は綺麗にキープしてほしいものです。

50代の男性は働き盛りでテキパキと仕事をこなさないといけない年代でもあるんですけど、それとは反対に周囲からのイメージは微妙な年代でもあります。姿勢が悪いだけで下手をするとただの草臥れた鬱陶しいおじさんに見られてしまいます。

シーズン毎のトレンドを欠かさず取り入れるほどのエネルギーがない方も多いはずです。流行は、若い子の物と諦めてしまうのは”お年寄”というレッテルを貼られる原因になってしまいます。
20代や30代の頃のように、50代にもなればその時々の流行を丸ごと追いかける必要はないとは思います。ただ、最悪なパターンでできれば避けたいのが、形の古いスーツや靴をサイズアウトしないからと言って何年も着続けることです。

何処かに一点だけでもトレンドを取り入れることで、少しオシャレに見えます。
一番上に羽織るものであるジャケットやコート類ならパッと見の印象がグッと上がるので言うことはないですが、それが無理ならネクタイやハンカチなどの小物やシャツなど、またはオシャレは足元からとも言われますので、いつも手入れの行き届いた靴を履いているのも好印象を与えます。
ほんの少しトレンドを取り入れるだけでも、ファッションに敏感な人達からは注目されるはずです。