なかなか難しい男性の若作り

歳をとると老けて見えるという事はなかなか通り抜けることがむずかしい問題です。確かに歳からみると若く見える人もいます。しかし、多くの男性は年相応もしくはそれ以上に見えてきます。その原因はなんでしょう。

宴会等で話に出るのは、髪の毛です。男性は薄くなるか、はげるか、白髪が出てくるという問題が発生してきます。白髪は染めるとわかりませんが、はげに至っては難しい問題です。進行を止める事は難しいです。
続きを読む →

白髪は部分隠しの方法で目立たなくすることができます

白髪染めを行っていても、次に白髪染めをするまでの間、白髪が目立って困ることはあるものです。白髪染めもあまりにも頻繁に行うと髪の毛が傷んでしましますから、できれば目立つところだけを目立たなくして、白髪染めの間隔を空けるほうがいいです。

そんな時に部分白髪隠しがあります。一般的にドラッグストアーなどで売られているものは、マスカラのような感じで、細い容器に入っていて、棒の先にブラシが付いていて、まつげにマスカラを塗るように、白髪の部分に液をつけるようにするものです。
続きを読む →

白髪も髪質によって見映えが違う

ある程度の年齢になれば自然と髪に白いものが混ざってきますが、その白髪をどう扱うかでその人の印象も変わってくると思います。
最近はヘアカラーが珍しくなく、中年の女性も明るめの髪色にしているなど普通になっています。

元の髪の毛が黒いうちからカラーリングしているので、白髪交じりになってきた頃にも同じように明るい髪の色でも違和感は感じません。
ですが、男性では働き盛りの年齢で明るい髪の色にカラーリングしている人は少ないように思います。
続きを読む →

中年男性のほとんどは白髪を染めた方がいいでしょう

中年男性のほとんどは白髪を染めた方がいいと考えます。「白髪を染めるのって、なんか悪あがきしているみたいでイヤだな〜」などというおじさんもいるのですが、けれどもそう思っていること自体がかっこ悪いことですよ。

悪あがきも何も、まだ髪の毛が残っているのですから、手を加えた方がいいのです。白髪になっても残っているだけいいじゃないですか。そして髪の毛にオシャレをするのだって、べつに恥ずかしいことではありませんよ。かえって、なにもしないほうが悲壮感が出てしまうというものですから、ここは大人の身だしなみとしても、白髪はキレイに染めておくべきでしょう。
続きを読む →